addiction

依存症治療

なぜ依存症治療が必要なのでしょう?

「やめなくては・・・」と分かっていても、どうしてもやめられないのが依存症です。アルコールやギャンブルに代表される依存症ですが、治療は主に精神科病院で行なわれます。なぜなら、依存症が意志の力ではどうにもならない心の病だからです。
しかし、精神科の受診に抵抗を感じる方は少なくありません。「精神科にかかるのは世間体が悪い」からと二の足を踏んだり、「依存症と診断されるほどではない」と自己判断したりして受診が遅れ、いつのまにかアルコールのせいで内臓が悪くなり、内科への入退院を繰り返す・・・。こうした患者さんの例は数多く見られます。

依存症には、専門的な治療が必要

残念なことに、内科でアルコール問題に対応できるところはほとんどないのが現状です。依存症に的をしぼった治療が行われず、内科的な治療だけが行われ、「また飲める体に戻ってしまう」という悪循環になりがちです。こうした事態に陥ることなく、早期発見、早期治療で人生の再出発をしていただくためにも、依存症の専門治療が必要になります。ご本人でもご家族でも結構です。少しでも気になる点がありましたら、お早めにご相談ください。それが、依存症から脱却するための早道になります。