convalescent

慢性期および回復期の治療

問題解決を広範囲に支援

慢性期および回復期において、比較的病気の症状は落ち着いているものの、日常生活を送るうえで何らかの「困りごと」がある方に対して、生活技術の習得訓練や、社会資源(※)の調整などを行っていきます。

※ 社会資源とは、利用者の満足に必要な、あるいは問題解決につなげるための施設や機関、設備、人材、制度、情報などの総称です。

患者さんに応じたサポートを実施

地域のなかでその方が望むような生活を送れるよう、手厚い支援を提供します。支援には多職種のスタッフが関わり、患者さん個々に応じた様々な活動、作業などを実施します。また、自宅へ戻ることが難しい方については、ご家族の協力を得ながら施設などの新たな退院先を一緒に探していきます。

社会生活につながる活動も実施

  • 患者さんの課題に応じた生活訓練を行います。
  • 入院生活に変化をもたせ、心身の活性化を図れるよう、レクリエーション(花見、バスハイクなど)を行います。
  • 退院後も訪問看護やデイケアなど、社会生活で困らないようサポートを行います。