第24回翠会ヘルスケアグループ地域精神保健学会が開催されました

2019年11月9日、毎年恒例の「第24回翠会ヘルスケアグループ地域精神保健学会」が開催されました。午前中は「高齢者」「精神一般・アディクション」「地域」の3つの分野における分科会が行われ、八幡厚生病院のスタッフからも日頃の研究の成果や取り組みについての発表が行われました。関東地区、行橋地区、八幡地区から構成される同じグループの強みで、率直な意見が飛び交う充実した分科会となりました。

午後は、健和会大手町病院の西中徳治総院長より「一般科救急の現状と課題」と題した特別講演が行われ、北九州市の救急医療と精神科医療の連携の質が向上していることを実感させられました。最後のシンポジウムでは、「精神科救急の現状と課題そして未来」をテーマに討論が行われ、これからも翠会ヘルスケアグループが精神科医療の発展のために“ワンチーム”として取り組んでいくことを共有することができました。

懇親会では行橋の郷土料理を嗜みながら、各地区との交流が行われ、グループの結束が深まった実りある学会でした。   

B病棟 森本松子

一覧に戻る