forgetfulness

精神科外来

認知症や高齢期のうつ病などでお困りの方を対象とした外来です。診断にあたっては、まず症状や生活についてご本人・ご家族におうかがいし、各種検査を実施します。その上で専門的な診断、治療を行い、症状や行動障害の改善をめざします。なお、今後の生活や介護についてもご相談をお受けしています。
ご本人に「もの忘れ」「大事なもののしまい込み、探し物が目立つようになった」「日付や曜日を間違える」「調理や片づけがうまくできなくなった」「元気や意欲がなくなった」「イライラしたり、被害的なことを言ったりする」などの症状が見られるようでしたら、早めの受診相談をお勧めします。

診療時間 月~金 午前9時15分~12時

※完全予約制
※外来受診一般の詳細は外来受診についてをご覧ください。
※ご予約などについては受診のご相談・ご予約をご覧ください。

治療方針

残念ながら、現代の医学は認知症を完治させるまでにいたっていません。しかし、治療やケアを行うことで進行の速度を遅くしたり、出ている症状を軽減させたりすることは可能です。当院では主に薬物療法とリハビリテーションにより、症状の改善をめざします。

※治療に関する詳細は認知症治療をご覧ください。

医療相談について

当院は患者さんやご家族のために医療相談の窓口を設けています。様々な問題について当院の精神保健福祉士がともに考え、解決のお手伝いをいたします。相談内容については秘密を厳守いたしますので、お気軽にお問い合わせください。