tertiary_care

当院で受けることのできる専門治療

当院ではご利用者の治療や社会復帰を支援するために、様々な専門的な治療やリハビリを実施しています。
ここではその一部を紹介します。

精神療法

精神科医が患者さんと対話しながらその訴えに耳を傾け、病気の状態を評価・診断します。その結果を受けて複数の治療法を提案し、患者さんとともに治療を進めていくことになります。精神療法の進め方や方法については、担当医師によって多少異なりますが、まずは医師と患者さんとの信頼関係を築き、深めていくことが基本となります。

薬物療法

近年、精神科における薬物療法は飛躍的な進化を遂げています。これまでの錠剤、カプセル剤に加え、液剤、成分がゆっくりと溶け出すことで服用回数が減らせる徐放剤、長期持続型の注射剤など多種多様な剤型が登場し、服薬の選択肢が広がりました。
精神科医は患者さんに効果があると考えられる薬物を選び、病状説明とともに薬物効果や副作用をていねいに説明します。
このように、患者さんに納得していただいたうえで処方内容を決定していきます。

修正型電気けいれん療法(m-ECT)

現在、実施できる体制を準備しています。

作業療法

病気により生活に支障をきたすようになった方が、その人らしく、より良い生活が送れるよう作業療法を通して支援します。スポーツや創作活動、レクリエーション、学習会など、個人に合ったプログラムを多数用意しており、①症状の安定や理解 ②人との関わり方の改善 ③日常生活の維持や向上 ④社会復帰などをめざして、一緒に取り組んでいきます。なお、作業療法はデイケアのご利用者のほか、入院中・外来通院中の方を対象に行われています。

SST(社会技能訓練)

コミュニケーションの方法や問題への対処法など、生活に必要な技術を身につけていくリハビリテーションです。
当院では、入院中・外来通院中の方を対象に、いくつかのSSTが行われています。

認知行動療法(CBT)

「気分は物事の受け取り方に影響される」という考えに基づく精神療法です。
バランスのとれた考えができるようにすることで、落ち込みや不安などのつらい気分を改善させ、ストレスに対処する力を高めていきます。 外来通院中の方や入院中の方を対象にした専門リハビリテーションのプログラムのひとつとして、認知行動療法「あおぞら」が用意されています。

弁証法的行動療法(DBT)

制御しきれない感情の暴走を穏やかにし、自分に優しい行動がとれるスキルを身につける精神療法です。
自分の感情を理解し、感情をコントロールするためのスキルを身につけます。また、感情をコントロールすることで、引き起こされる行動も変化させます。 当院では主にストレスケア病棟や専門リハビリテーションで、摂食障害の患者さんを対象に「実り」というプログラムが実施されています。

マインドフルネス

「自分の身体」や「気持ち(気分)の状態」に気づく力をはぐくむ、「こころのエクササイズ」です。「今この瞬間の自分の体験に注意を向けて、現実をあるがままに受け入れることができるようなエクササイズ」を行います。当院ではストレスケア病棟や復職デイケア(リワーク)、そして専門リハビリテーションの方を対象に実施しています。

音楽療法

音や音楽を用いて心と身体に働きかけます。当院では各病棟の目的に応じた内容でのグループ活動を行っています。

カウンセリング(個別心理療法)

心理的な問題や課題を抱えている方を対象に、臨床心理士が個別にカウンセリングを行っています。
カウンセリングを希望される方は、まずは主治医にご相談ください。