eating_disorder

摂食障害治療

当院の摂食障害治療について

当院では専門医の指示もと多職種が共同して摂食障害を持つ患者さんの治療に取り組みます。
当院の摂食障害治療には下記のような特徴があります。

01.

心身の回復、つまり健康な体重への回復と健康な心理状態(健全な自己評価)の回復をめざします(心の回復には身体的健康の回復が必要です)。

02.

入院治療はそのための基礎固めであり、適宜行われるテコ入れのようなものです。

03.

入院中は看護師が食事中と食後約1時間付き添って見守り、食事の摂取をサポートし、健康な体重への速やかな回復を支援します。

04.

さまざまな娯楽、携帯電話の使用、面会などの制限は原則として行いません。(治療上、必要な場合にはご相談いたします)。重症度に応じて行動範囲を制限させていただくことがあります。

05.

低い自己評価に基づく心の苦痛を軽減し、健康な自己評価を回復していくために弁証法的行動療法(DBT)を実施しています。退院後も外来で継続して最低2クールを終了することを推奨しています。

06.

患者さんのニーズに応じて他のプログラムも利用可能です(専門リハビリテーションを参照)。

※摂食障害について詳しく知りたい方はこちら

一日の流れ

一日の流れ
午前
7:30~8:00 体重測定(月·木)
8:00~8:30 朝 食
8:30~9:30 マインドフルネスの練習
9:30~11:30 個人活動 / プログラム参加*
11:30~12:00 フリー
午後
12:00~12:30 昼 食
12:30~13:30 レクリエーション
月曜はDBT(弁証法的行動療法)
13:30~15:30 個人活動 / プログラム参加*
15:30~18:00 フリー / 面会
18:00~18:30 夕 食
18:00~18:30 フリー
18:30~19:30 レク活動
19:30~21:30 個人活動
21:30~22:30 フリー
22:30~ 就 寝

*プログラムは、医師とも相談の上、ストレスケア治療プログラム専門ハビリテーションのプログラムにご参加いただけます。