day_care_oozora

依存症専門デイケア「デイケアおおぞら」

「デイケアおおぞら」とは

依存症で悩む方が平日のデイタイムに集い、様々なプログラムに参加しながら1日を過ごしていただける通院治療プログラムです。依存症の克服は、ご本人の力だけでは難しいといわれています。入院治療の後も、断酒・断ギャンブルに向けての取り組み、依存症からの回復のプロセスは続きます。毎日規則正しい生活のリズムをつくり、同じ悩みを持つ仲間と交流しながら、お酒やギャンブルに頼らない生活を見つけ、社会復帰をめざします。

対象となる方

アルコール依存症またはギャンブル依存症を持つ方で、以下のようなことでお困りの方。

  • 家にいると何となく落ち着かず、飲酒・賭博の不安がある
  • 生活リズムが乱れてしまいがち
  • まだ社会復帰に向けて自信がない

依存症に関する詳細はこちらをご覧ください。

「デイケアおおぞら」週間プログラム (2017年5月~2017年10月末)

午前 ゲートボール スポーツ
行軍(第2)
カラオケ
Happy工房 依存症教室+
カラオケ
総合ミーティング
午後 おおぞらミーティング
骨太倶楽部
バスハイク
(奇数月)
ハーモニー
スマイルキッチン(第2)
女性ミーティング
カラオケ
ステップチャレンジ
木曜学習会
コミュニケーションアップ
ゆるビクス
ナイト 個人活動 個人活動

※ご利用にあたっては、赤および緑のプログラムを、それぞれ週に1回以上参加することが条件となります。
※「おおぞらミーティング」「テーマミーティング」「茶話会」は当日の利用者全員参加となります。

※プログラムの詳細は精神科デイケアのプログラムの内容をご覧ください。

1日の流れ

デイケア(月~金)

月曜〜金曜まで、連日、昼間に行われるデイケアです。

午前 9時 デイケア開錠受付け締め切り
9時30分 受付け締め切り
9時45分〜 朝のミーティング、アルコールチェック
10時〜 午前のプログラム
11時40分〜 昼食・昼休み
午後 1時30分〜 午後のプログラム
3時15分〜 終了ミーティング
3時30分〜 デイケア終了

※デイケア終了後、そのままナイトケアに参加することもできます。(「デイ・ナイトケア」)

ナイトケア(月・水・金)

毎週月曜、水曜、金曜日の、午後4時〜午後8時まで行われる、夜間のデイケアです。

午後 4時〜 ナイトのミィーティング
4時10分〜 食前の活動(上記週間プログラムの活動)
5時45分〜 夕食
6時30分〜 食後の活動(上記週間プログラムの活動)
7時50分〜 終了ミーティング
8時 ナイトケア終了
ショートケア(月〜金)

午前の部、午後の部、各3時間ずつ。通常のデイケアと比べて活動時間の短いデイケアです。

午前 9時30分〜12時30分
午後 12時30分〜3時30分

※ショートケア終了後、ナイトケアに参加することはできません。
※食事は含まれておりません。

お問い合わせ

八幡厚生病院
依存症専門デイケア「デイケアおおぞら」

〒807-0846 北九州市八幡西区里中3-12-12
電話: 093-691-3344(代表)